2010年09月27日

亀がゼリーにINしてる

DSCF01610001.jpg

亀ゼリーです。
一個34ドル。

原材料にもしっかり「亀板」と表示されてます(笑)

そのまんま過ぎるんですが、亀の甲羅のお腹側を粉末にして
他の漢方系の薬草やらなんやらと一緒にゼリーにしたものです。

今回香港に行く前に亀ゼリーについても色々下調べしたんですが、
亀ゼリーの効能?としては体の熱を取る作用があるので
女性は生理中に食するの
を控えた方が良いとなってました。

味はそのままだと薬草の風味で苦いので、店内飲食用でも
持ち帰り用にしても甘いシロップがついてきます。

シロップかけて食べるとかなり食べやすい^^

写真の亀ゼリーは漢方薬のお店・余仁生(ユーヤンサン)のものです。

付属のスプーンのお尻の方がギザギザになっていて
そのギザギザを缶切りみたいに使ってシロップとゼリーの銀紙を開けます^^
街中にある亀ゼリーが食べられる店は
恭和堂や海天堂が有名なんですが、
量が多いのでそれより少なめの量で
なおかつきちんと漢方の効能がありそうな物・・・というと
やはり漢方の店・余仁生が確実かなあとこれをチョイス。

スーパーでも、ゼリーにすでにシロップを混ぜこんである
甘くて食べやすい缶詰の亀ゼリーを売ってるんですが、
それは食べやすい分漢方系の成分が薄めらしいです。

余仁生の亀ゼリーは缶詰になってませんがしっかり密封されてるので
お土産用に持ち帰りすることもできます^^

私も何個か日本に持ち込みました。

週末にプチ断食してお腹すいた時にこれ食べたら
すごいデトックス作用があるんじゃないかと想像(笑)
今度挑戦してみようかなあ^^

ところでどうでもいいですが記事タイトルは
「ブスの瞳に恋してる」
のパクリです(笑)
posted by クロ at 00:38| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。