2011年03月05日

香港人とエアコン

昔、初めて香港に行った時に
香港人のガイドさんが色々教えてくれた中でも
忘れられない事の一つがエアコン(クーラー)について。

いわく、
「香港の人達はエアコン=空気を綺麗にしてくれるもの、と考えているので
どこでもたくさんエアコンかけてます」

夏場は湿度90%近くまでいく土地柄、
確かにエアコンきいてると助かるんですが
香港はエアコン過剰(笑)!

エアコンガンガンの建物の中と外の気温差が
体感でわかりやすい例の一部↓

・建物から外に出るとメガネが曇る
・古いカメラだと気温差による結露でカメラがダメになる


扉のない店の軒先(花屋や魚屋、屋台っぽい店など)でも
店の前から離れててもエアコンの涼しい風を感じられます。
一体、香港の電気代はどうなっているんだろうか(笑)

今回の旅行でも香港人のエアコン恐るべしは
多々感じましたが、それはホテルでも。

部屋のエアコンの設定温度が26度より上に上がらない(笑)!
私は28度くらいにしたかったんですが。

そして夜、買い物から戻ると日中お掃除してくれた人が
エアコンの温度を毎回19度に設定しておいてくれる(笑)

部屋に入った瞬間は涼しいけどすぐ寒くなります^_^;

毎朝、出かける時に私は 26度にして部屋を出てたんですが
帰るともれなく19度。。。
もしかすると、香港人的にはそれくらいがちょうどいいのかも?と思いました^^
posted by クロ at 10:49| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189006042

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。