2011年11月21日

香港で軽食

ヴィクトリアピークに行った時は、
景色を楽しんだり
あちこちうろついてるうちに
昼になったので
山頂の売店が色々入ってる建物の中にあった
ワンタン麺の有名な店の支店でご飯。

DSCF01070001.jpg

メニュー。
感じなのでなんとなくわかるような。。。

DSCF01100001.jpg

エビワンタン麺(330円)。
さすが観光地価格、
同じ店でも本店のある下町で食べるより
100円くらい高かったです。

入れ物の大きさは
みそ汁用のお椀を一回りほど
大きくしたくらいなので
そんなに量は多くないです。

でもプリプリのエビがそのまま入った
ワンタンは5個位入ってます。
おいしい〜!

香港でワンタン麺食べるたびに
思うんだけど、
なんで日本のワンタンて
中身は肉なんだろ。。。

エビと魚のすり身の香港風の方が
あっさり味でおいしいのにな〜。

夜ご飯、確かこれは二日目。

DSCF01560001.jpg

ホテルと直結しているショッピングモール、
ランガムプレイスの
フードコート内にある
これまたワンタン麺がおいしくて
名の知れたお店「池記(チーケイ)」から
ワンタン麺ではなく
あえてご飯ものをテイクアウト(笑)

ホテルの部屋に帰ってきてから食べました〜。

ゆでたチキンがご飯に乗った、
チキンライスの野菜添え(506円)。

野菜っつってもシイタケなんですが(笑)。
でもこれすんごい美味しかったです。
おすすめ。

ネギ油が一緒についてきてて、
それをかけて食べるとまたおいしい。

香港、昔はこんなになかったんですが
ファミレスやチェーン店では
ハイナンチキンライス
(シンガポール風鳥の炊き込みご飯)
を扱っていて、池記の
これもその流れっぽい感じがする。。。

あと、数年前にみかけなかったけど
今じゃ香港でメジャーなものといえばこれも!

DSCF004100010001.jpg

パイナップルパンのバター入り、
菠羅油(ポーラーヤウ)。

パイナップルパンというのは、
日本のメロンパンみたいなもんで
見た目がパイナップルに似てるからで
中身にパイナップルを
使っているわけではありません^^

メロンパンみたいに
パンの上の方が・・・ていうか、
全体的に優しい甘さで
(メロンパンの甘さともまた違う)
そこにバターの塩気が
めっちゃ合います!!
なぜ日本にないのか・・・・。

メロンパンよりこっちの
パイナップルパンの方が絶対おいしい。

で、このパイナップルパンと
一緒に頼んだのは
これも香港オリジナルの飲み物、
コーヒーとミルクティーを
足して2で割った鴛鴦茶(インヨンティー)。

2種類のドリンクが「おしどりのように」
仲良く一緒になった飲み物だから
おしどりの漢字をあててあるらしいです。

これも好きだわー。
コーヒーの苦みとミルクティーの
優しい甘さが一緒になってます。

で、これティーカップに
スプーンついてきたんですが
砂糖がどこにもなくて。

このまま飲んでも甘いから
いっか〜と気にしてなかったんですが、
飲み干す頃に気付く。

カップの底に砂糖が
ジャリジャリにたまってるのを(笑)!

だからスプーンだけ・・・・。
砂糖は最初から入れてるから
混ぜろよ、ってことだったのでした。

朝食にこのインヨンティーと
パイナップルパン(バター入り)で
合計230円です。
安すぎ!そして美味しすぎ!!

これすごい気に入って、
時間があればまた食べたかったなあ〜。

ちなみに私が食べたのは
シルバーコードというショッピングモール
(ハーバーシティ向かい)
の2階?だったかな、
トーストボックスというカフェです。

パイナップルパンも名店が
あるようなのでそれも気になります。

posted by クロ at 23:37| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。