2011年03月05日

ランガムプレイス(ショッピングモール)

DSCF02380001.jpgDSCF02360001.jpgDSCF013400010001.jpg

香港で宿泊したホテルは、隣にあるショッピングモールの
ランガムプレイスの4階と直結。
(3枚目の写真はランガムプレイスとホテルを繋ぐ通路から撮ったもの)


ランガムプレイスは西武百貨店やH&M、
地元ファッションテナントなどが入っていて
地下はスーパーや、漢方の余仁生、菓子店の奇華餅家など
お土産を買うのにも便利だし、地下鉄・旺角駅とも繋がっています。

そんな何かと利便性の良いランガムプレイス、

ランガムプレイスホテルとの直結通路やフードコートのある4階から
8階まで繋がる吹き抜けのエスカレーターが名物。

もちろん1階ずつ上がる普通のエスカレーターもあります。

でもせっかくだから記念に体験してきました^^

なんかデジャヴュだなと思ったら、
私の通ってた小学校も1階から3階まで吹き抜けで
ランガムプレイスと同じような造りの、
3階までぶち抜き直線階段があってそれに似てるんでした(笑)

香港で旺角まで足を延ばす機会があれば
ランガムプレイスに寄るのもオススメです^^

4階フードコートにはワンタンメンが評判の池記もあるので、
そこでご飯もおすすめ(^-^)b
posted by クロ at 14:15| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー余談

香港のタクシーといえば、今回利用するために
下調べするまで全然知りませんでしたが

タクシーの後ろのトランクに荷物を預けると
乗車賃とは別に5ドルかかり、
タクシーの運ちゃんにトランクへの預け入れや
下ろすのを手伝ってもらうとチップも必要。

私は行きも帰りもスーツケースのために
トランクを利用したので必然的に
乗車賃プラス5ドルかかったんですが問題はその加算方法。

行きのタクシーの運ちゃんは、
ホテルに着いた時点でトランク使用代の5ドルを加算せず
すぐメーター止めたので、自分で5ドル足した金額を支払い。

帰りのタクシーの運ちゃんは駅に着いたら
トランク使用料5ドルをプラスしてからメーターストップ。

ぼられたらいかん!と行きも帰りも
タクシーのメーターはガン見してた(笑)から気付きましたが

運転手によって5ドルの加算方法違ったら
ちゃんとメーター見てないと金額違うってトラブルになりそう(笑)
posted by クロ at 12:52| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港で初タクシー

今回の旅行では、エアポートエクスプレスの九龍駅と
ホテル間の移動に往復ともタクシーを使いました。

香港でタクシー乗るの初めて!その上一人で!!
ぼったくられたらどうしよう言葉出来ないしねー、と
下調べはすごくしてから行きました(笑)

駅からホテルまでのタクシー代と香港のタクシーの乗り方を
何回も確認して、いざ香港。

必要最低限の金額だけ空港で両替し

往復のエアポートエクスプレスチケットとオクトパスカード
(日本のSuicaみたいな機能のカード)を購入してタクシー初チャレンジ。

行きは問題なしでしたが帰国日のタクシー。

ガイドブックやネットの口コミでも
「ホテルのタクシー乗り場に来るタクシーの運ちゃんは
すれてるので金額ふっかけられたりすることもあるから注意。
可能なら街中でタクシーつかまえる方が無難」

大丈夫かなあ、と思いつつ私はホテルのタクシー乗り場から乗りましたよ(笑)

九龍駅の住所見せて走り初めたら早速、
英語でなんか話し掛けてくるおっちゃん(笑)!

最初聞き取れなくて
(トゥー・・・だけ聞こえた)
20ドル札持ってるかってことかと思って20ドル紙幣見せたら違ってて、
どうやら200ドルあるなら200ドルぽっきりで
駅じゃなく空港まで直接行ってあげるよということらしい。

ちなみにホテルから空港まで普通にタクシーで行くと
およそ230〜250ドルだったはず。(事前の調べより)

しかしこの時点で、私の財布には
駅までのタクシー代をのぞけば日本円にして1000円弱程度の
現金しか入っていなかったのです。マジで。200ドルも持ってない。
(買い物し過ぎ!)


あと、タクシー下調べでよく目にしたぼったくり例に

空港に着いたら最初提示された額より高い金額を取られた、

というのもあったのでここは絶対空港まで行っちゃいけない
(そもそも金がないから行けない)と

200ドルも現金持ってないのを幸いに
そんなにお金ないよ!駅に行ってちょーだい!!と
おっちゃんに財布の中身を見せる私(笑)


そしたら敵もさるもので今度は

じゃあエアポートエクスプレスのチケット持ってるか?
ないなら常備してあるから俺からも買えるぞ、

とカード式のチケットを出してきましたよ(笑)

着いた日に往復でチケット買っといて良かったぁー!と

内心ホッとしつつ持ってるもんねーとエクスプレスチケットを見せたら
ようやくあきらめてくれました(笑)

もし私に空港までタクシーで行けるだけの所持金があって、
試しに空港まで行ってもらってたらどうだったのかなー(笑)

あのおっちゃんが単に商魂たくましいだけの人だったのか
スキあらば、ぼってやろうと狙ってたのか気になります(笑)
posted by クロ at 12:37| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテルで朝ごはん

DSCF02840001.jpgDSCF02760001.jpgDSCF02770001.jpgDSCF02790001.jpgDSCF02820001.jpg

香港での朝ごはん、以前チムシャーツイで
ランガムホテルに泊まった時の
朝食ブッフェが美味しかったので、
今回は同じランガム系列ホテルということもあり楽しみにしてました♪

街中で朝ごはんも捨て難かったので、
ホテルを予約する時は朝食なしにしておいて
滞在中に一日だけぶらりと朝食ブッフェへ。

ホテル宿泊者だと、ウェイターさんが席へ持ってきた紙にサインして
ホテルをチェックアウトする時にカード払いで精算。

結論。
やっぱり美味しかったー!!

ブッフェメニューは写真に撮りきれませんでしたが
(上のパン類はこっそり撮った・笑)
ソーセージも宗教上の配慮からか鶏と豚の二種類あり
チーズやフルーツの種類も豊富。
パンに塗るバターも一個が大きいしうまい。

その他、普通の朝食ブッフェにあるようなものも
もちろん充実しています。

私は食べませんでしたが、洋食だけじゃなく中華系メニューも充実。

しっかし、朝からスモークサーモンも堪能できるなんて素敵です。

写真ではわかりにくいですが、ブッフェメニューの中の数種類を使って

クリームチーズとサーモンのクロワッサン作ってみたり

チョコワッフルを作って食後のスイーツにしてみたり

朝からかなりやりたい放題食べ放題してきました(笑)

シェフに頼んでその場で作ってもらう卵料理
(目玉焼き・卵焼き・オムレツ・スクランブルエッグ)
も、ジェスチャーでチーズとキノコと玉ねぎ入りを作ってもらいました。

言葉ができなくても食い意地は国境を越える(笑)

そういえば昔、ランガムホテルでの朝食は
テーブルのティーカップがからになると

すぐさまウェイターが紅茶をそそぎにくる
わんこそば状態だったのがすごく印象に残っていて、

今回もそんなんだったらどうしよーとひそかに身構えてたんですが、
飲み物もセルフで助かりました(笑)


あ、肝心の金額忘れてました。

サービス料10%込みで195.8ドル(日本円で2100円弱)。
行く人は予算を約200ドルと見積もっておくとよいかと。

ウェイターさんへのチップもいりませんでした^^

東京なんかのホテルで食べる朝食ブッフェで
同程度の金額出す事を考えると、
ランガムプレイスホテルの朝食ブッフェはかなりお得感を感じます♪
posted by クロ at 11:52| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港人とエアコン

昔、初めて香港に行った時に
香港人のガイドさんが色々教えてくれた中でも
忘れられない事の一つがエアコン(クーラー)について。

いわく、
「香港の人達はエアコン=空気を綺麗にしてくれるもの、と考えているので
どこでもたくさんエアコンかけてます」

夏場は湿度90%近くまでいく土地柄、
確かにエアコンきいてると助かるんですが
香港はエアコン過剰(笑)!

エアコンガンガンの建物の中と外の気温差が
体感でわかりやすい例の一部↓

・建物から外に出るとメガネが曇る
・古いカメラだと気温差による結露でカメラがダメになる


扉のない店の軒先(花屋や魚屋、屋台っぽい店など)でも
店の前から離れててもエアコンの涼しい風を感じられます。
一体、香港の電気代はどうなっているんだろうか(笑)

今回の旅行でも香港人のエアコン恐るべしは
多々感じましたが、それはホテルでも。

部屋のエアコンの設定温度が26度より上に上がらない(笑)!
私は28度くらいにしたかったんですが。

そして夜、買い物から戻ると日中お掃除してくれた人が
エアコンの温度を毎回19度に設定しておいてくれる(笑)

部屋に入った瞬間は涼しいけどすぐ寒くなります^_^;

毎朝、出かける時に私は 26度にして部屋を出てたんですが
帰るともれなく19度。。。
もしかすると、香港人的にはそれくらいがちょうどいいのかも?と思いました^^
posted by クロ at 10:49| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

東京行ってきました

DSCF04630001.jpgDSCF04160001.jpgDSCF03990002.jpg

二月最後の週末はニコライさん、B線さんらと一緒に
東京へ二泊三日のBチーム修学旅行へ行ってきました(^∀^)ノ

靖国神社、東京タワー(ついでに近くの増上寺も)、
ディズニーランド、浅草などなど
一人で東京に行った時はあまり行く機会のない所を
あちこち見られて楽しかった!


そして歩きすぎて筋肉痛(笑)

回復するまで二日かかりました。

大人になってから回る、修学旅行の定番コースもなかなかよいものです(^-^)b
posted by クロ at 22:28| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

香港ホテル

DSCF00240002.jpgDSCF00260001.jpgDSCF00290001.jpgDSCF00320001.jpgDSCF00370001.jpg

久々に香港旅行記を更新。

香港に行くにあたって、どこに泊まるかちょっと迷いました。

一人旅だから、万が一何かあっても
セキュリティと設備のしっかりしてる所を第一に
(言葉ができないので部屋の設備や水回りが悪くても申告できないし・笑)

一人で移動する空港⇔ホテル間の交通の便が良いとか

繁華街に面していてホテルに夜遅く帰ることがあっても安心など、

考えた結果ランガムプレイスホテルモンコックに決めました^^

観光客におなじみのチムシャーツイから地下鉄で3駅、
女人街のある下町っぽい雰囲気の残る地区・旺角(モンコック)に建つステキホテルです。

チムシャーツイにあるランガムホテルの系列なので
Aグレードくらいでありながらも、立地が旺角なために
チムでランガムホテルに泊まるよりも若干リーズナブル?
私が泊まったのは一泊13000円弱のダブルルーム。

内装は上の写真を見ての通りなんですが、
旅行雑誌やサイトで見るランガムプレイスホテルの
部屋写真より広く感じました^^

じゅうたんの毛足も、ぶ厚くみっしりつまっててふかふか!

でかいスーツケースを三個ぐらい広げてもまだ余裕ありそうな部屋スペース。

備え付けの電話にはチェックインして部屋に入るとすぐに
ウェルカムメッセージのメールサービス。

引き出しの中にはカメラや携帯の充電に必要な変換プラグも備え付け(^O^)

もちろん、綺麗だからといっても水回りのチェックも忘れません(笑)

部屋に入ったらすぐ、トイレと洗面所とシャワーの水を流して壊れてないか確認。

いいホテルでもたまに水回りがダメな部屋もあるので、
最初にチェックしてダメな時は部屋を変えるよう
フロントに言わないといけないので
水が流れません・水漏れしてます程度の広東語はメモしていってました^_^;

しかし、水回りにも何の問題もなく一安心。

綺麗だし広いし交通の便もいいし、
これで13000円は香港ホテルの相場からしてはお得な気がします。

なにより便利なのはこのホテル、
地下鉄モンコック駅やショッピングモール・ランガムプレイスと直結してること。

雨にも濡れないし、地下には定番土産屋の奇華餅家もあるので
買い物の重い荷物もすぐ運べて便利でした♪

ちなみにホテルと空港の往復の交通手段はエアポートエクスプレス(電車)とタクシー。

ランガムプレイスホテルモンコックは、
エアポートエクスプレス九龍駅と市内繁華街にある主要なホテルを繋ぐ
無料シャトルバスのコースからちょっと離れてるので、
パック旅行じゃなく、個人でエアポートエクスプレスを利用して
ホテルに行く人はタクシーが便利かも。

エアポートエクスプレス九龍駅からランガムプレイスホテルモンコックまでは
タクシーで大体36〜38香港ドルくらい?
市内の渋滞にもよるので、多めにみて40ドルちょいかなあ。。。
エアポートエクスプレス九龍駅のタクシー乗り場は
夜遅く着いても
(私が九龍駅に着いたのは夜11時頃)
案内係員のおじさんがいて
客を次々タクシーに振り分けてくれるので言葉ができなくても助かります。
さすが昔からの観光立国(国じゃないけど・笑)香港(^O^)

成田空港もこれくらいのサービスは欲しいなあ。

あ、タクシーでは
「朗豪酒店 旺角(ランガムプレイスホテルモンコック)」
とホテル名と住所を大きく書いた紙を見せれば
言葉が通じなくても大丈夫です(笑)

ホテル名を大きく書かないと、
間違ってチムシャーツイの方のランガムホテルに連れてかれる可能性が高いので注意!
posted by クロ at 15:28| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

映画:「ソーシャル・ネットワーク」

ゴールデングローブ賞とったもんだから
流行りにのって観に行ったみたくなってしまった。。。(笑)

ち、違うんだからね!
勘違いしないでよね!
前から予告みて面白そうだと思ってたから
観に行ったんだからねっ!!
(誰得な言い訳)

いやー、映画館で初めてソーシャル・ネットワークの
予告観た時にコーラスの静かさと
登場人物達の感情の激しさとのギャップが
たまらなくツボで、
センスいい予告作るなあ
これなら本篇も面白いかな?と
楽しみにしてたんです。

監督はデビッド・フィンチャーだけど
ノンフィクションものだから
ヘンにひねったオチにはできんだろ、と(笑)

↓コーラスの静かさがこの先の人間関係の破綻を
 予感させる物悲しさを醸し出した予告。
 つい何度も見てしまう位、かなり好きです(笑)




フェイスブック創設に関わる映画かー、
面白そうだなーと思ってたんですが
派手なアクションシーンがあるわけでもないのに
最初から最後までストーリーに
引き込まれて見てました。

これが今も現在進行形で
拡大を続けている
フェイスブックの始まりを見られる
映画だからというのも相まって
最後まで目を離せなったのかなあ。


映画の中で、
「目指すは10億ドル」とぶち上げ
フェイスブック利用者が
100万人に達した時には歓声を上げていたけど

その後、全世界での利用者5億人、
利益は650億ドルとなっている現在を見ると
一人の大学生が始めたものが
今はこんなになってるのか・・・と
改めてその凄さっていうか
とてつもなさを実感。

結構こ難しい単語
(というかパソコン関係の言葉なんかも)
出てきたり、
アメリカの名門大学の
会員制クラブへの入会に対する憧れとか
日本人には「それがそんなにすごいことなの?」と
あまりピンとこない部分も
あるような気もするけど、
それでも面白かったです^^

あ、でも大学のクラブ入会に憧れる感じなんかは
米ドラマみてればなんとなく
分かるからそんなに理解しずらくはないかな?

観終わって思ったのは、
こういう言い方が合ってるかどうかは
分からないけど
「青春だなあ〜」
でした(笑)

ものすごくあさってな方向の感想な気もするけど。

フェイスブック創設に関わる
二つの訴訟を通して
現在と過去を行ったり来たりさせ、
それが「どうやってできたのか」
「どうやってここまで大きくなったのか」
を知ることができる映画ですが
そこに繰り広げられる
各人の思惑や欲望、行動は
まさに生き馬の目を抜く熾烈な競争社会を
目の前に広げてみせてくれます。

でも、創設者が当時大学生で
そこに関わった人たちもほとんどが大学生。
映画を観てると、
これもまた一つの青春の物語なんだなあと
いう気分になりますよ、
年を取ったのか私も(笑)

フェイスブックを作ったマークはあくまでも
「フェイスブックを広げ進化させ続ける」
ことだけを第一に自分の頭の中に置いてて
全ての言動がそこから来てるような感じ。

だから周囲の人間の気持ちよりも
自分のフェイスブックを育てることが
優先された結果の人間関係の破綻だったり
訴訟への発展かなと思わせられました。
彼が悪人かと聞かれれば私は
そうとはハッキリ言い切れない感じだなあ。

マークがフェイスブックを創るきっかけが
自分を振った彼女があこがれの目でみていた
大学の花形・ボート部や
マーク自身も本当は入りたかった
名門ハーバードの中でも由緒ある
学生クラブへの入会が認められた友人への
嫉妬や妬みが入ってそうなのも面白いですね^^


マークの友人・エドゥアルドが
学生クラブ入会のための
体育会系の嫌がらせ的な試練を
させられてるのなんか、
いかにも古風で伝統的な
クラブ入会のための儀式って感じで

フェイスブックやその他のSNSが
「友達になるのを許可する」
クリック一つで自分の領域へ
招待する(=入会する)現代的なものと
対比させられてるみたいなのも面白かったです。

そういえば、ナップスター創設者の
ショーン役のジャスティン・ティンバーレイクが
さすがのホップスターオーラというか
程よいチャラさ加減で
すごく役に合ってました(笑)

posted by クロ at 02:23| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

あけました!おめでとうございます!!

ブログ更新が久々過ぎてすみません。

すっかり新年があけてしまいました2011年。

改めまして、あけましておめでとうございます(笑)!

当ブログに通って下さるありがたい皆様
今年もかなりゆるい感じでの更新になりそうですが
よろしくお願いいたします。


さて、更新なかった去年の11月以降ですが
(香港旅記録のための日記が年を越してる。。。)
仕事が予定外の人手不足に見舞われていましてですね。

いや、正確には11月入る頃から人が二人も
足りなかったんですが。
その中で出張だー自主研開催だー
休日出勤だーと私にしては珍しくがんばった(笑)

で、人手の補充が入って
余裕のできた年末29・30日は休みをもらい
翌日31日と合わせて
冬コミに一般参加してましたわっしょーい!!

3年ぶりの参加で三十路も半ばだし
体力どうよ?と思ってたけど
むしろ3年前よりも元気な自分がそこにいた。

あれです、3年前は犬飼ってなかったので
今は毎日犬の散歩してる分だけ体力に
ちょっと余裕ができてるのかもしれない。

その前の年末年始はインフルっぽいもので
三が日ほぼ寝込んでいたので
今回の年末年始はすごい楽しかったです。
超満喫してきました。

冬コミは某マンガ家さんに会えて
記念に握手も出来て2010年最後の良い思い出です。

そういえば小学校上がるか上がらないか位から
すっごく好きな少女漫画の、
某先生本人と思われる方もサークル参加されていて
自作のマンガのパロディ本出されてたんですが
(しかも私が大好きだったマンガシリーズで!)

作品を好きな期間が長い分、
恐れおおすぎてその人が先生本人かどうか
確かめることができなかった。。。

いや多分本人だと思われるんだけども。
妹さんかもしれないけども。
うーんどっちだったんだろう〜。

ふっつーに「この本下さい」的な
売り買いのやり取りしかできなかったけど
作者本人か確かめようかと
内心ものすごい葛藤してました。

結局聞けなかったこの意気地なしー!

この先また私が一般参加した時に
サークル参加されてたら
今度こそ小学生の時に祖父に
買ってもらったその先生の
なかよしコミックスにサインしてもらうんだ・・・(笑)

いややっぱりですね、
握手までした某先生は同じオタクという
共感部分がある分、
もちろん緊張はしたものの話しかけやすかったんです。

でも少女マンガのその某先生は
私が物心つく頃から
活躍されている先生で
実際、白髪交じりの60近くの女性だったのを
目の前で見るとその年月をひしひしと感じて
「小学生のころから好きでした!」
とぶっちゃけるのは恥ずかしくてできなかった

今度会えたら言いたいですね。

「なかよしコミックス、最新刊出るたびに
祖父にねだって買ってもらってました!
毎回続きが楽しみでした!
のちに愛蔵版出た時は自分でまた買いました、
もちろん昔のなかよしコミックスも
大事に取っておいてあります!」

・・・って(笑)。
眼鏡がくもる勢いで。

小さい頃の憧れの漫画家さんにも
会えるなんて幸せな場所であったことよ
オタクの聖地は。

と、こんなカンジで
今年もかわらずオタクです。
よろしくお願いします(笑)


posted by クロ at 01:17| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

香港で買ったもの・シティスーパー編

DSCF01630001.jpg

色違いのエコバッグです(^∀^)

前に香港来た時はこんなんなかった!

今は香港でもエコを意識してスーパーではみんなエコバッグ持参。

会計の時にレジの人へ自分のエコバッグを渡すと
会計しながらつめてくれます^^

ちなみにエコバッグ持ってかないでビニール袋買うと
どこの店でも一律50セント(約5円)。

そのため、どこの店でも色んなエコバッグを売ってますが
ガイドブックで見た時からかわいくて
香港行ったらぜひ欲しかったのが写真のエコバッグ。

地元密着型スーパーとちょっと違う、ヨーロッパからの輸入食料品も扱う
オシャレ系?のシティスーパーのエコバッグ。

フック付きの手の平位の袋の中に、
日本でいう大サイズ程度の大きさのエコバッグが入ってます^^

サイズはもっと大きいのから小さいのまでさまざま♪

日本で見ないような渋い色味のもあってどれを買おうか悩みました(笑)

自宅用やお土産用に写真に載ってる数だけ買いましたが、
この大きさとフック付きの袋入りで
なんと一個14ドル。
日本円で約155円です。
(お土産にあげた人、金額バラしてすみませぬ!)

10色以上カラーバリエーションもあるし安いので、たくさん買って
「好きな色選んで〜」
と、職場用のバラマキ土産にも良さげでオススメです(^∀^)
posted by クロ at 15:38| 青森 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010香港旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。